交通事故に遭遇した際に、ありがたみを痛感するシステムが、自動車保険ですけれども、我々一般の層は交通事故や損害賠償に関する、知識に詳しいというケースは少なく、対応や損害賠償額の算定などを、損害保険会社に全て丸投げしてしまうという方が大部分を占めています。しかしながら、その場合には知らぬが仏という訳ではありませんが、実は過去の訴訟などの、判例に基づいた基準から算定した損害賠償額と比較した場合、劇的に低い金額で示談してしまっているケースが、殆どとなっています。しかしこれは、損害保険会社は営利企業である為仕方の無い部分ですので、もしもそうならないようにしたい方に、お勧めしたいのが弁護士費用特約の付帯です。これは、示談交渉などを訴訟に基づいた基準で算定する為の、弁護士利用時の費用を担保してくれる特約です。

交通事故の損害賠償問題

自動車などで、交通事故によって、損害賠償が発生することがあります。法律上のことは、わからないことも多く、対処もできずに困ってしまいます。そこで、専門家に知恵を借りることで、解決に繋げることができます。上手く落ち着ければ、規定の賠償を支払うことで、この問題を納めることができます。問題が無事に解決にできれば、事故の傷の治療にも専念できます。問題を、早期に解決できることは、こんなにも大切なことです。それを任せられる専門家といえば、弁護士なります。損害賠償を請求する場合でも、支払う場合でも、司法に基づいて、判断を手助けしてくれます。安心して任せることで、弁護士もその信頼に応える為に、奮闘してくれます。傷が癒える頃には、問題も解決しており、新たな日常をスタートさせることができます。何か問題が起きた場合には、弁護士の力を借りることです。

交通事故の損害賠償を弁護士に相談する

交通事故の損害賠償では、積極損害・消極損害・慰謝料について加害者に請求することができます。積極損害というのはその事故に関連した実際の出費で、入院や通院の治療費・医療器具などの購入代金・死亡事故の場合は葬儀費用などが含まれ実費が原則で請求できます。一方の消極損害は、交通事故に遭ったことで将来受け取れるはずだった収入が受け取れなくなってしまった分の損害です。死亡したり後遺障害が残ったことで受け取れなくなった所得を逸失利益といい、仕事ができなかった期間の休業損害などとともに請求できる項目です。さらに慰謝料は、精神的な苦痛に対する賠償金にあたるお金です。これらの損害賠償項目のうち、積極損害は実費ですがその他の損害ついては示談交渉の中で決めていくことになります。逸失利益や慰謝料の算出基準はいくつかあり、弁護士に相談してサポートしてもらうことで正当な高い基準で賠償金を計算してもらえますから被害者にとって有利です。

年間面談相談件数約340件、年間受任件数約160件(平成25年実績)であり、実績経験豊富です。 保険会社は提示額を低く見積もっている場合が多い為、解決時の賠償金が増加することがあります。 治療中の方についても、後遺障害等級や賠償額の見込みを丁寧にご説明し、後遺障害等級申請も行います。 初回相談料無料です。土日祝日・夜間も事前予約にて対応。 交通事故の損害賠償なら、中村・橋本法律事務所へ!